子どもの読む絵本がマンネリ化してきたら

2021-09-24 (金) 16:43 教室日記 | 読み聞かせ

こんにちは。EQWELチャイルドアカデミー京都左京教室です。

 

子どもの素質を育てるためには、

親の「仕掛けづくり」も大切なポイントとなります。

 

具体的には…

 

お子さんがお母様に「読んで!」持ってくる絵本が

毎晩同じになっていないませんか?

 

同じ本を繰り返し読む。ということは、

良い脳の質を作るためにはとても良いことです。

 

しかし、多くの絵本に触れさせてあげることも、

また大切な教育ですよね。

 

読み聞かせの絵本がマンネリ化してきた時は、

親が絵本の場所替えをしてみましょうキラキラ

 

子どもの手(目)の届くところに置く絵本のラインナップを変えるだけで、

子ども達はいつもと違った絵本を選ぶことがあります。

 

これは、部屋に貼ってあるチャートや地図等にも効果があります。

絵本と同じように、定期的に

子どもの目線の高さにある掲示物を変えてみましょう。

 

子どもの目線にある環境を、親が意識して整えることが、

子どもの素質を育てる環境づくりになりますよ(^^♪

 

☆10月よりオータムキャンペーンが始まります。

通常のレッスン4回分を、お得な価格でお試しできるキャンペーンです。

今なら体験レッスン料も無料!

この機会にぜひ、EQWEL式幼児教育をお試しください。